劇団民藝

文字サイズ

2020年上演作品

黒い雨-八月六日広島にて、矢須子-

原作=井伏鱒二「黒い雨」(新潮文庫刊)より
上演台本=笹部博司 演出=丹野郁弓

未曾有の惨事に巻き込まれながらも、平常心を失わずに暮らしを営む人びと。淡々と進む物語の背景には、市井の人びとをおそった原爆の悲劇が厳然とあります。戦後73年のいま。「黒い雨」をもたらした戦争とは何なのか―奈良岡朋子が語る一人舞台を通して一緒に考える機会となれば幸いです。

あらすじ

「黒い雨」はささやかな日常生活を送っている閑間(しずま)重松・シゲ子夫婦と姪・矢須子の家族の物語です。矢須子を何とか嫁がせようとする夫婦ですが、次第に悲しい事実が明らかになります。

ページTOPへ

主な出演