劇団民藝

文字サイズ

民藝の仲間

月刊紙「民藝の仲間」

民藝の最新情報満載!
劇団民藝「民藝の仲間」の月刊紙をお届けします。

最新の公演情報をはじめ、俳優のインタビューや座談会、稽古場ニュースや旅便りなど劇団民藝の最新情報を凝縮した劇団広報紙で、全国の民藝ファンを結ぶ新聞です。
購読は1年間(年10号、送料込み)で1,100円です。購読中の方には劇団民藝公演の入場券を、ご本人と同伴の方の分、何枚でも割引料金でお求めいただけます。

視覚障害の方には俳優による本紙音読CDもございます。

次回 2021年11月号 2021年11月19日 発送予定

月刊紙「民藝の仲間」購読お申し込み受付中!
ご希望の方は、下記メールフォームまたはお電話よりお申し込み下さい。

「民藝の仲間」購読お申し込み

劇団民藝 TEL.044-987-7711

電話受付 月~土10:00~18:00

ページTOPへ

「民藝の仲間」アーカイブ

2021年10月号(734号)

2021年10月号(734号)

  • 11―12月公演『集金旅行』/ 2013年初演より日本全国からお寄せいただいた感想を一挙ご紹介/ 中島裕一郎「俳優たちの輝きでユーモアと温かな風」/ 俳優座劇場のあるまち六本木の魅力紹介
  • 9月公演『パレードを待ちながら』終了/戦争にみる女性たちの顔 宮本起代子
  • 旅公演 『泰山木の木の下で』九州巡演中 『篠田三郎・樫山文枝 文学の夕べ』和歌山で終了 『野の花ものがたり』ご当地鳥取公演まで間もなく
  • 追悼・吉原公一郎さん 「怒りをもって書き続けて」望月ゆかり
  • 湯淺隆さん吉田剛士さん(MUZIC@NET/マリオネット)がコンサート 11月9日 横浜・テアトルフォンテ
  • 話題&情報/ 樫山文枝『集金旅行』で岡山市民劇場賞/ 北條秀衛さん川崎市文化賞を受賞/ 民藝「かわさきSDGsゴールドパートナー」に認定/ あさお芸術のまちコンサートとコラボ企画が進行中
  • 劇団民藝より ご寄付の受付
  • 『集金旅行』観劇案内

2021年11月19日 発送

2021年9月号(733号)

2021年9月号(733号)

  • 9月公演『パレードを待ちながら』前略登場人物様、みんなで書いた「カナダへの手紙」 吉田陽子/藤巻るも/いまむら小穂/森田咲子/金井由妃
  • 11-12月公演『集金旅行』配役発表 2013年初演、旅から旅へ笑いと感動のアンサンブルがパワーアップ
  • [旅公演]『泰山木の木の下で』春の四国につづき、秋は九州へ/『野の花ものがたり』神奈川、関越からご当地鳥取へ
  • 『夏・南方のローマンス』首都圏公演が終了 感想「自分がその場にいるようで」 紫桃弘美
  • 秋、珠玉の朗読公演『篠田三郎・樫山文枝 文学の夕べ』 お申込み受付中
  • 「民藝の仲間」会員さんからの手紙「新劇最前線を存分に」川上久美子
  • 『ある八重子物語』テレビ放映のお知らせ
  • 劇団民藝より ご寄付の受付
  • 観劇案内

2021年8月27日 発送

2021年7・8月号(732号)

2021年7・8月号(732号)

  • 9月公演『パレードを待ちながら』出演者座談会 「愉快なカナダ体験」「いまだから伝えたい あふれる生命力を」
  • 『篠田三郎・樫山文枝 文学の夕べ』秋に東京ほかで上演
  • 『野の花ものがたり』ご当地鳥取公演実現へ
  • 旅公演 『夏・南方のローマンス』首都圏へ
  • 特別公演 『ある八重子物語』千秋楽
  • 追悼・今西忠勝さん 日色ともゑ
  • 『どん底―1947・東京―』紹介動画をアップ
  • 民藝の仲間からの手紙 宮本弥生さん
  • 舞台扮装の民藝の女優を描く会
  • 《お別れ》瓜生正美さん
  • 劇団民藝より ご寄付の受付
  • 《お別れ》瓜生正美さん

2021年7月21日 発送

2021年6月号(731号)

2021年6月号(731号)

  • 特別公演『ある八重子物語』間もなく開幕 谷古宇正彦さん撮影の舞台写真でみる作品の魅力
  • 9月公演『パレードを待ちながら』配役発表/『雨上がりの虹』演目変更のお詫び
  • 劇団民藝創立71周年 劇団賞は深川絵美(演出部)
  • 特別寄稿 コロナ禍で学んだこと 福島明夫(青年劇場)
  • 創立70周年企画『どん底―1947・東京―』 一年を経て上演、好評裡に幕
  • 『泰山木の木の下で』旅だより 平野尚
  • 《お別れ》清水邦夫さん 松島勉さん
  • 石井妙子さんが大宅壮一ノンフィクション賞受賞
  • 『家なき子』DVDBOOKプレゼント当選者発表
  • 民藝の女優を描くデッサン会参加者募集
  • 劇団民藝より ご寄付の受付
  • 観劇案内

2021年5月31日 発送

2021年4・5月号(730号)

2021年4・5月号(730号)

  • 4月公演『どん底―1947・東京―』 コロナ禍による延期から1年、苦境を生き抜くエネルギーがいま! 出演者16人が語る
  • 春から初夏へ、珠玉の2作品
  • ◇『泰山木の木の下で』5月アルテリッカ公演(新百合ヶ丘)会員特別割引  MUZIC@NET/マリオネット 千葉茂則(歌を唄う男)とのコラボ新たな風
  • ◇『ある八重子物語』6月特別公演(新宿)会員ご招待  井上作品と出会った大学生たち
  • 話題 民藝ユーチューブで次々と動画を配信中
  • 2021年上演作品 『民藝の仲間』会員募集中!
  • 『どん底』劇場での対策について/『ある八重子物語』会員お申込み4月8日 宇野重吉さんナレーションの名作アニメ『家なき子』DVDプレゼント
  • 研修生・研究生が座内発表会
  • 劇団民藝より ご寄付の受付
  • 観劇案内

2021年3月31日 発送

2021年3月号(729号)

2021年3月号(729号)

  • 4月公演『どん底―1947・東京―』 日色ともゑが語る 春到来、一年越しの思い実現へ
  • 2021年「民藝の仲間」春の2大特典 5月『泰山木の木の下で』特別割引 6月『ある八重子物語』ご招待
  • 2月公演『地熱』終了 若手の活躍にますます期待を 投稿・平井禎子さん(民藝の仲間会員)
  • 2021年上演作品 『民藝の仲間』会員募集中!
  • 旅公演『熊楠の家』 近畿各地への公演終了
  • 「民藝の仲間」新入会員さんからの手紙 石綿直也さん
  • チケットデザインが刷新 『地熱』をご覧になれなかった方へ 『どん底』劇場での対策について
  • 劇団民藝より ご寄付の受付
  • 観劇案内

2021年3月3日 発送

2021年2月号(728号)

2021年2月号(728号)

  • 2月公演『地熱』稽古場より 劇場でしか味わえない感動を
  • 2021年上演作品 『民藝の仲間』会員募集中!
  • 4月公演『どん底―1947・東京―』配役発表
  • 旅公演『熊楠の家』25年ぶり里帰りを期待します! 寺下朋子(和歌山演劇鑑賞会事務局長)
  • 「民藝の仲間」U30(30歳以下)会員さんからの手紙 稲葉胡桃さん
  • 劇団民藝より ご寄付の受付
  • 観劇案内

2021年2月27日 発送

2021年1月号(727号)

2021年1月号(727号)

  • 《新年のご挨拶》試練を乗りこえ輝きつづける年に 奈良岡朋子
  • 2021年劇団民藝上演作品
  • 2月公演『地熱』 羽ばたく、新しい世代へ
  • 速報!『ある八重子物語』特別公演 大好評の12月公演、続演が決定!
  • 旅公演『熊楠の家』1月末より近畿へ
  • 2021年「民藝の仲間」ご継続・新入会 会員募集中!
  • 「民藝の仲間」高校生会員さんからの手紙 吉田湊さん
  • 劇団民藝より ご寄付の受付
  • 観劇案内
  • 連名

2021年1月3日 発送

2020年12月号(726号)

2020年12月号(726号)

  • 2021年上演作品レパートリー
  • 2月公演『地熱』美しいものがそこにある 炭鉱町で若い男女の愛情の行方を
  • 4月公演『どん底ー1947・東京ー』敗戦後の新橋 焼け跡を舞台に鮮烈な人間群像
  • 9月公演『雨あがりの虹』貧しき家族の絆と誇りそして希望を トニー賞受賞作
  • 12月公演『集金旅行』日本中を沸かせた傑作喜劇 装いも新たに東京へ
  • 《特別公演》想い出のチェーホフ 朗読劇形式でチェーホフの新たな魅力に迫ります
  • 2021年「民藝の仲間」新入会・ご継続、会員募集中!
  • 奈良岡朋子トークイベント出演
  • 新人募集は夏
  • 創立70周年に思う 我らが恩師に思い馳せ 田口精一
  • 大好評のデッサン会
  • 梅野泰靖さん、安らかに 佐々木梅治
  • 《お別れ》佐江衆一さん
  • 喫茶店の集い
  • 観劇案内

2020年11月24日 発送

2020年11月号(725号)

2020年11月号(725号)

  • 『ある八重子物語』
  •  ――懐かしい三味線の音色 日色ともゑ
  •  ――お芝居から元気や希望を 篠田三郎
  •  ――心に重荷を背負うかのよう 有森也実
  • 『ある八重子物語』あらすじ
  • 旅公演 『送り火』セリフが心に突きささった
  • 礫<つぶて>『ワーニャ、ソーニャ、マーシャ、と、スパイク』いざ幕があけば……
  • 12月公演会場ロビーにて承ります 会費の一部払い戻し/寄付、新規・継続入会
  • 劇団民藝より ご寄付の受付
  • 「民藝の仲間」の皆さまへ 『ある八重子物語』観劇について

2020年11月24日 発送

2020年9・10月号(724号)

2020年9・10月号(724号)

  • 『ワーニャ、ソーニャ、マーシャ、と、スパイク』6人で紡ぐ人と人との絆 稽古場より
  • 12月公演(劇団民藝+こまつ座)『ある八重子物語』日色ともゑ出演、篠田三郎さん、有森也実さんを客演に迎え華やかに
  •   ――お詫び 劇場変更のお知らせ
  • 一番風呂の芸者さんたち 井上麻矢(こまつ座代表)
  • 参加者募集!井上麻矢さん講演会 父・井上ひさしが遺したメッセージ
  • 旅公演の記録 夏から秋へ 西へ東へ 『黒い雨』『グレイクリスマス』『送り火』
  • 『黒い雨』矢須子が生きていたら  笹部博司
  • 礫<つぶて>祈りの夏に、長野県で幕あけ
  • 《仲間からの手紙》生きる支えに  石﨑美加子さん
  • 《追悼・後藤京子さん》おやすみなさい、ごっちゃん 田畑ゆり
  • 《お別れ》宮下展夫さん、山崎正和さん
  • 民藝絵画部より デッサン会のお知らせ
  • 喫茶店の集い 年内お休みのお知らせ
  • 新型コロナウイルス感染症拡大防止対策
  • 劇団民藝より、ご寄付のお願い
  • 観劇案内

2020年9月12日 発送

2020年7・8月号(723号)

2020年7・8月号(723号)

  • 演劇が動き始める 9-10月公演が始動! 7月から旅公演も
  • 『ワーニャ、ソーニャ、マーシャ、と、スパイク』チェーホフへの敬愛 八方破れも魅力的に 樫山文枝
  • 夏から秋 3演目が日本各地へ旅公演『黒い雨』『グレイクリスマス』『送り火』
  • 奈良岡朋子『黒い雨』8年目の夏 7月九州へ 戦争体験を語り継ぐライフワーク
  • 『どん底 ―1947・東京―』の上演は来年以降に
  • 創立70周年に思う 青春時代から節目には必ず『るつぼ』が 箕浦康子
  • 礫〈つぶて〉演劇が幕をあける
  • 文化芸術への支援を 劇団民藝より、ご寄付のお願い 生きてゆく歓びと励ましになる舞台を再び皆さまとともに
  • 月刊「民藝の仲間」/公演パンフレット アーカイブ 秋の大運動会 仲間とともに汗流す
  • 観劇案内
  • 劇団民藝連名

2020年7月4日 発送

2020年6月号(722号)

2020年6月号(722号)

  • 『想い出のチェーホフ』上演取り止めに 出演者6名から 奈良岡朋子 樫山文枝 日色ともゑ 篠田三郎 伊藤孝雄 小杉勇二
  • 礫〈つぶて〉 公演の中止について (S記)
  • 声〈Voice〉 お寄せいただいた『民藝の仲間』会員の皆様のお声
  • 創立70周年に思う 名作戯曲の数々と時ならぬ再会を 水谷貞雄
  • おうちで民藝 『カミサマの恋』ネット配信を始めました 人気のおはなし会もオンラインで
  • 寄稿 文化芸術を支えていくために 木村薫
  • グレイクリスマス 7月、予定通り長野県巡演へ 6月の兵庫・西宮は中止に
  • 月間「民藝の仲間」/公演パンフレット アーカイブ 「民藝の仲間」誕生の息吹伝える
  • 喫茶店の集い お休みのお知らせ
  • 観劇案内 年会費の一部払い戻しとお願い
  • 劇団民藝連名

2020年5月28日 発送

2020年5月号(721号)

2020年5月号(721号)

  • 4月公演延期『どん底 ―1947・東京―』創立いらい初めての事態  仲間のみなさまとともに 奈良岡朋子
  • 創立70周年記念公演 想い出のチェーホフ 作家として医師として誠実に生きた半生を
  •  スタッフ・キャスト自宅で準備着々と
  •  劇団民藝とチェーホフ
  • 『集金旅行』旅公演 静岡県下を巡演 心なごむ珍道中に明るい笑顔あふれて
  •  コロナ禍での英断に拍手! 吉見ハルカ
  •  マスクの花がほころんで 内藤安彦
  • 【追悼】安田さん、本当にお疲れ様でした 小杉勇二
  • 『グレイクリスマス』5・6月の上演日を一部変更 兵庫・西宮公演、長野県巡演を予定
  • 新たに11名が劇団へ 節目の年に若い力が
  • 新劇交流プロジェクト『美しきものの伝説』上演延期のお知らせ
  • 喫茶店の集い お休みのお知らせ
  • 営業時間変更のお知らせ
  • 観劇案内

2020年4月28日 発送

2020年3・4月号(720号)

2020年3・4月号(720号)

  • 創立70周年記念『どん底 ―1947・東京―』稽古場レポート 敗戦から2年、焼けビルの半地下で鮮烈な人間群像!
  • 新型コロナウイルス感染症対策とお願い
  • 6-7月公演『想い出のチェーホフ』配役決まる 往復書簡が語りかけるユーモアと真実 朗読劇形式で人間チェーホフを描く 
  • 水谷貞雄に読売演劇大賞優秀男優賞
  • 『白い花』公演終了 姉妹ふたりの葛藤に共感
  • 兒玉さんとの思い出 日色ともゑ
  • 民藝の仲間 会員募集中
  • アルテリッカしんゆり公演『グレイクリスマス』ご案内
  • 『集金旅行』静岡県下を巡演
  • 新劇交流プロジェクト『美しきものの伝説』
  • 訃報 別役実さん
  • 喫茶店の集いのご案内
  • 観劇案内『どん底』『想い出のチェーホフ』

2020年3月27日 発送

2020年2月号(719号)

2020年2月号(719号)

  • 2月公演『白い花』出演者座談会「貧しいけど一人じゃない時代に…」別府康子、中地美佐子、飯野遠、杉本孝次、千葉茂則、天津民生
  • 4月公演『どん底 −1947・東京–』配役発表 「人々はいかに生きのびたか」吉永仁郎
  • 『集金旅行』旅公演 ただいま「ご当地」中国地方を巡演中 3月は静岡へ
  • 「上原正三さんを悼んで」畑澤聖悟(劇作家)
  • 《散歩の会》『どん底 −1947・東京−』の舞台・新橋をぶらりと歩く 3月20日(祝)開催
  • 《新人発表会》仲間の会限定で公開 2月27日・28日
  • 喫茶店の集い
  • 《お別れ》北川登園さん、中山功さん、坪内祐三さん
  • 2020年劇団民藝新人募集

2020年2月7日 発送

2020年1月号(718号)

2020年1月号(718号)

  • 《年頭のご挨拶》焼け野原からの出発、若いちからとともに 奈良岡朋子
  • 2020年劇団民藝上演作品
  • 《新春対談》 2月公演『白い花』で姉妹役 中地美佐子&飯野 遠
  • 新年あけましておめでとうございます 樫山文枝 日色ともゑ 伊藤孝雄 小杉勇二 千葉茂則
  • 《旅だより 集金旅行》雄大な北海道をめぐり志も高く 神 敏将
  • 『泰山木の木の下で』好評裡に幕/ハナ婆さんの透き通った声原爆と戦争に翻弄されて 浅野啓子
  • 2020年「民藝の仲間」新入会・ご継続、会員募集中!
  • 《今年からU30の仲間です》演劇の力を信じて 清水詩央璃さん
  • 喫茶店の集い
  • 観劇案内
  • 連名

2019年12月26日 発送

2019年12月号(717号)

2019年12月号(717号)

  • 『泰山木の木の下で』日色ともゑインタビュー ハナ婆さんと瀬戸内の人々、哀しみと希望を
  • 『泰山木の木の下で』 稽古場より
  •   ――心模様反映して新境地を 千葉茂則
  •   ――複雑な内面を 塩田泰久
  •   ――心に温かいもの流れて 桜井明美
  • 2020年2月公演『白い花』ナガイヒデミ=作 兒玉庸策=演出
  •  昭和40年代初めの瀬戸内、ふたり姉妹の心の綾を瑞々しく
  •  共感できる物語 高山希林
  • 『集金旅行』2年ぶり旅公演再開!12月は北海道へ、来年1-2月は、中国・静岡と巡ります。
  • 2020年「民藝の仲間」新入会・ご継続、会員募集中!
  • 仲間の会交流スケッチ
  • 喫茶店の集いのご案内
  • 楽しかったお話会/徳永先生 新著
  • 追悼 雑賀光晴さん 金子堅太郎さん
  • 2020年劇団民藝新人募集 創立から70年 創造の現場に新たな風を
  • 観劇案内

2019年11月28日 発送

2019年11月号(716号)

2019年11月号(716号)

  • 2020年上演作品レパートリー
  • 2月公演『白い花』姉妹の心のあやを鮮やかに 四国ことばで独特の劇世界が
  • 4月公演『どん底 ―1947・東京―』吉永版「どん底」のユートピアとは 焼け跡を舞台に鮮烈な人間群像
  • 6-7月公演『想い出のチェーホフ』往復書簡が語りかけるユーモアと真実 朗読劇形式で人間チェーホフを描く
  • 9-10月公演『ワーニャ、ソーニャ、マーシャ、と、スパイク』トニー賞総なめの傑作喜劇 チェーホフ劇の登場人物に波風が…
  • 12月公演『ある八重子物語』《劇団民藝+こまつ座公演》井上作品が初登場 新派女優の芸を愛する町医者や患者そして柳橋芸者たち
  • 2020年「民藝の仲間」新入会・ご継続、会員募集中!
  • 中津留章仁作・演出『異邦人』公演終了 現代社会への問いかけ 日本とベトナムそれぞれの視点で
  • 旅だより『野の花ものがたり』僕の声だけが沁み込むように 杉本孝次
  • 《追悼》大越弥生さん 藤巻るも
  • おはなし会開催
  • 喫茶店の集いのご案内

2019年10月29日 発送

2019年10月号(715号)

2019年10月号(715号)

  • 12月公演『泰山木の木の下で』ヒロシマの祈りを美しい詩情と哀歓で
  • 新たな魅力の再発見へ 小山祐士の劇世界 山本健一
  • 変わらず響くすばらしい音楽を 淡谷幹彦さん
  • 観劇案内『泰山木の木の下で』

2019年10月29日 発送

2019年9月号(714号)

2019年9月号(714号)

  • 中津留章仁=作・演出『異邦人』 いま変化が目の前に―外国人労働者との共生社会へ
  • 樫山文枝インタビュー ありのまま「日常」を生きて
  • 稽古場寸描 心の動きをじっくりと追って
  • 〈日本のベトナム〉いちょう団地を訪ねて
  • 小山祐士=作 丹野郁弓=演出『泰山木の木の下で』 ハナ婆さんが伝え、残したもの― 戦争が生んだ悲劇を美しい叙情で
  • 特別掲載 「泰山木の木の下で」の思い出 尾崎宏次(73年パンフレットより)
  • 『黒い雨』公演終了 その姿は、ただひとりの人のようで 森田修(仲間の会会員)
  • 旅公演『野の花ものがたり』中部・北陸巡演開始
  • 日色ともゑ講演会のお誘い 三越カルチャーサロンにて
  • 稽古場公演『ハンディマン』終了 戦争の暴力性を再認識
  • 短信 おはなし会 11月4日開催/野球・ソフトボール大会/有山達也さん個展開催/ふたくちさん作品集/徳永進先生の新著/演劇人が反核イベント
  • 喫茶店の集いのご案内
  • 各地民藝の仲間のご案内
  • 観劇案内

2019年9月17日 発送

2019年7・8月号(713号)

2019年7・8月号(713号)

  • 中津留章仁=作・演出『異邦人』 外国人労働者と私たち――変わりゆく日本の今を
  • 中津留章仁さんインタビュー もっと身近に、そして対等に 町の洋食屋さんを舞台に品とユーモア
  • 『闇にさらわれて』終了 あの時代の人間の強さも弱さも 最上敏樹(国際政治学者)
  • 『黒い雨』 ちいさな町にて―「黒い雨」とわたし 奈良岡朋子
  • 九州公演終了『夏・南方のローマンス』 生きた言葉―憤りを真実の声として 藤田典子(下関市民劇場事務局長)
  • 中部・北陸へ9月 『野の花ものがたり』
  • 夏の稽古場公演 間もなく開幕 『ハンディマン』――便利屋ロマンにユダヤ人虐殺の疑いが
  • ポスターを貼ってくれるお店 天ぷら・季節料理「天はる」 おいしい魚と広がる交流
  • 暑中お見舞い申し上げます 2019年 盛夏 劇団民藝 絵・田口精一
  • 喫茶店の集いのご案内
  • 観劇案内

2019年7月22日 発送

2019年6月号(712号)

2019年6月号(712号)

  • 『闇にさらわれて』――ナチ政権下のドイツ 母と子の絆……真実の闘いが いまはじまる/本邦初演初日迫る
  • 『闇にさらわれて』――出演者からの一言コメント
  •  ――日色ともゑ 母としての深い愛情
  •  ――神 敏将 人一倍つよい正義感
  •  ――篠田三郎 来た道を振りかえり
  •  ――西川 明 男親ってやつは…
  •  ――佐々木梅治 ノーベル平和賞
  •  ――千葉茂則 作者オリジナルの人物
  •  ――横島 亘 ユダヤ人のアナーキスト
  •  ――岡山 甫 人間にひそむ残虐性を
  •  ――大中耀洋 ハンスと心が通じ合う
  •  ――近藤一輝 緊張感をもって
  • 『闇にさらわれて』と文学座公演『ガラスの動物園』 当日券 半券で割引に
  • 9-10月公演『異邦人』(作・演出=中津留章仁) 配役決まる――町に外国人労働者がやってきた ともに生きていく私たちの明日は
  • 奈良岡朋子ひとり語り『黒い雨』 東京・大阪・広島公演のご案内
  • 旅だより―仕上げは観客のみなさんと 境 賢一/『夏・南方のローマンス』九州巡演
  • 喫茶店の集いのご案内
  • 短信 おはなし会開催/絵画部のお知らせ
  • 訃報 岸富美子さん
  • 劇団創立69周年 荷風役の水谷貞雄らが各賞受賞
  • 夏の稽古場公演 『ハンディマン』(ロナルド・ハーウッド=作、渾大防一枝=訳、西部 守=演出)開催のご案内
  • 各地「民藝の仲間」公演 ご案内と連絡先
  •  ――奈良岡朋子ひとり語り『黒い雨』
  •  ――日色ともゑとポルトガルギター&マンドリンのデュオ 朗読と音楽「ほんとうのやさしさで」
  • 観劇案内

2019年6月14日 発送

2019年5月号(711号)

2019年5月号(711号)

  • 『闇にさらわれて』 ヒトラーも抗い強制収容所へ送られた息子、その命を救うため母は……
  • 『闇にさらわれて』 対談 山下公子さん×日色ともゑ
  • 『闇にさらわれて』 非常に難しい立場の人物、心に残る作品に 篠田三郎さん 抱負を語る
  • 奈良岡朋子ひとり語り『黒い雨』 戦争体験を語り継ぐ――今夏は新宿・大阪・広島へ
  • 『夏・南方のローマンス』 地元川崎・麻生から九州各地へ/戦争の不条理鮮明に 齋藤厚代さん(「アルテリッカしんゆり」ボランティア)
  • 『蝋燭の灯、太陽の光』 首都圏公演終了 熱く伝わる作者の瑞々しい社会正義への思い/公演を迎えて 早田節子さん(ちば演劇を見る会事務局長)
  • 『新・正午浅草――荷風小伝』終幕 個人主義を貫き通した半生に感動
  • 追悼 島次郎さん
  • 短信 絵画部より
  • ~仲間からの便り~ 「?東綺譚」もう一度 高橋加代子さん
  • 「ポスターを貼ってくれるお店」大募集
  • 喫茶店の集いのご案内
  • 観劇案内

2019年5月13日 発送

2019年4月号(710号)

2019年4月号(710号)

  • 『新・正午浅草—家風小伝』 豊かな孤独の日々をユーモラスに 自分らしい晩年とは 〈永井荷風生誕140周年・没後60年〉
  • 稽古場レポート 市井の人々との交わりいきいきと
  • 稽古場レポート(1面より) 老後と過去とを行き来しながら…
  • 6-7月公演『闇にさらわれて』 強大な権力に立ち向かう母子の闘いの記録 本邦初演 配役決まる 客演に篠田三郎さんをお迎えして
  • 『蝋燭の灯、太陽の光』首都圏巡演中 4月26日まで
  • 『夏・南方のローマンス』アルテリッカしんゆり公演/日本の原点を問う―木下戯曲、ふたたび
  • 「サチのように前向きに、まっすぐに」—『正造の石』終幕
  • 劇団民藝2019年上演作品
  • ~散歩の会~ 浅草―荷風ゆかりの地をあるく
  • アルテリッカ新ゆり美術展
  • 楽しかった春のキッズイベント はじめての演劇体験ワークショップ
  • 喫茶店の集いのご案内
  • 各地「民藝の仲間」連絡先
  • 観劇案内『新・正午浅草—家風小伝』・『闇にさらわれて』

2019年5月13日 発送

2019年2・3月号(709号)

2019年2・3月号(709号)

  • 明治末――若き女性サチの自立と成長をのびやかに 『正造の石』初日迫る
  • 清新なアンサンブル 稽古場探訪記 河本瑞貴
  • 時代をつむぎ、権利を拓いた女性たち 女性史研究者 折井美耶子
  • 『蝋燭の灯、太陽の光』首都圏公演スタート
  • 『夏・南方のローマンス』地元川崎で公演
  • 4月公演『新・正午浅草――荷風小伝』激動の時代と東京の町を独り歩き続けた荷風 いま、市川のわび住まいで何を思う
  • 日本からの亡命者・荷風さん 作家 半藤一利
  • 荷風の魅力をプレイベントで コラボ企画続報!
  • 「仲間を訪ねて」 一針一針でつながり、被災地にこころを寄せて 天野寛子さん
  • 散歩の会 春の隅田川クルーズへ
  • 2019年劇団民藝新人募集
  • 各地の「民藝の仲間」の連絡先

2019年2月8日 発送

2019年1月号(708号)

2019年1月号(708号)

  • 新劇らしい反骨の精神を脈打たせながら ——新年のご挨拶にかえて 奈良岡朋子
  • 〈新春対談〉樫山文枝&日色ともゑ
  • 2019年2月公演『正造の石』出演者より新年のご挨拶
  • 気高くも力強い生き方を現代に 田中正造役 伊藤孝雄
  • 若い女性の輝きや希望を感じて 新田サチ役 森田咲子
  • 2019年4月公演 『新・正午浅草——荷風小伝』 江戸文化を惜しみ軽薄な近代化を冷笑 ちょっと変わった個人主義者の半生
  • 『グレイクリスマス』 好評裡に幕
  • 「仲間からのたより」玉田菅雄さん、恵美子さん、一成くん/高木堆芳さん
  • 中国演劇家代表団が稽古場を訪問 日中演劇人が互いの活動を交流
  • 2019年劇団民藝新人募集

2018年12月26日 発送

2018年12月号(707号)

  • 12月公演『グレイクリスマス』いよいよ開幕
  • 平和のねがいとジングルベルを重ねて 中地美佐子
  • 何年でも生き続けるような舞台を 岡本健一
  • 「ピープルの心」を問う芝居に 塩田泰久
  • 20年前とは違った「存在感」で 千葉茂則
  • 2019年2月公演『正造の石』配役決まる
  • 2019年4月公演『新・正午浅草—荷風小伝』生誕140年、没後60年を迎える荷風の評伝劇 晩年の市川の自宅を出演者・スタッフが訪問
  • 「楽しんでます!仲間の会」観劇とおしゃべりランチはいつもセット 丸山艶子さん
  • 「楽しんでます!仲間の会」入会のきっかけは絵画部 文化を語る場ひろげたい 江渡英之さん
  • あそびも入れて元気に楽しく おはなし会を開催

2018年11月27日 発送

2018年11月号(706号)

2018年11月号(706号)

  • 2019年上演作品レパートリー
  • 2月公演『正造の石』 故郷を奪われ、逆境の中で生き抜く女性を伸びやかに
  • 4月公演『新・正午浅草 ー荷風小伝』 激動の時代と東京の町を独り歩きつづけていま、荷風は日記に何を記すだろうか……
  • 6-7月公演『闇にさらわれて』 ヒトラーを殺人事件の証人として法廷へ 母と子、弱き者たちの闘いの記録と真実
  • 9-10月『異邦人(仮題)』 現代日本の実相を鋭く問い直す中津留新作 民藝第2作は外国人労働者と家族に焦点をあてる
  • 12月『泰山木の木の下で』 わたしたちの明日は……ハナ婆さんは語り継ぐ 戦争の悲劇を美しい叙情で描く、代表演目を再び
  • 2019年「民藝の仲間」新入会・ご継続のお誘い
  • 『時を接ぐ』 女性の生き方と平和、友好へのねがいを込めて 好評裡に幕
  • 『光の国から僕らのために』 沖縄の過去と現在、未来に思いをはせてーー特別の緊張感がある中での旅公演 みやざこ夏穂

2018年10月30日 発送

2018年10月号(705号)

2018年10月号(705号)

  • 12月公演『グレイクリスマス』 戦後の日本・女性の生き方・民主主義…… 小森陽一さんが縦横に語る(聞き手・神保有輝美)
  • 《戦中・戦後を生きて 回想》敗戦後に出会った進駐軍クラブの華やかな光景とキャノン機関の闇 山田善二郎さん(元日本国民救援会会長)

2018年10月30日 発送

2018年9月号(704号)

2018年9月号(704号)

  • 『時を接ぐ』日色ともゑ×石子順さん(映画・漫画評論家)対談—女性は映画で日本と中国を接いだ
  • 『時を接ぐ』稽古場から
  • 『光の国から僕らのために』いよいよ待望の沖縄公演へ 《寄稿》沖縄県南風原町長・赤嶺正之さん
  • 賑わいの中に幕 夏の稽古場公演
  • 『黒い雨』今年も平和へのねがい届けて
  • 《追悼》厳しくも優しい智さん 齊藤尊史
  • 「ウィーンの会」誕生50周年記念パーティー—演劇の魅力を楽しく語り合い、親しみのある会としてこれからも
  • 芝居忘れて一日野球選手—新劇人会議野球大会
  • 喫茶店の集いスペシャル「ペーパームーンの会」開催

2018年9月14日 発送

2018年7・8月号(703号)

2018年7・8月号(703号)

  • 9・10月号『時を接ぐ』 体験者だけが語り得る「生きた歴史」 石井妙子(ノンフィクション作家)
  • 9・10月号『時を接ぐ』 フィルム編集の現場で 宮澤誠一(日本大学芸術学部映画学科教授)
  • 9・10月号『時を接ぐ』出演者決まる
  • 6・7月公演『ペーパームーン』が閉幕
  • 『黒い雨』新宿・池袋・置戸町・浜松市で上演
  • 稽古場公演、7月26日よりいよいよ開幕 岸田國士戯曲3本立て『頼母しき求縁』『葉桜』『紙風船』
  • 旅公演『大正の肖像画』中部・北陸公演を終えて
  • 旅公演『SOETSU』土地のことばに聞き入って 神保有輝美
  • 「ウィーンの会発足から50年」劇団と仲間とのつながりを大切に 小林圭介
  • 旅公演『光の国から僕らのために』横浜・近畿・沖縄で上演
  • 喫茶店の集いスペシャル「ペーパームーンの会」を西国分寺で開催

2018年7月20日 発送

2018年6月号(702号)

2018年6月号(702号)

  • 6・7月公演『ペーパームーン』歌にダンスに、カラフルに 飯野遠
  • 旅公演『大正の肖像画』旅日記 素晴らしい絵画に 梶野稔
  • 旅公演『SOETSU』5・6月九州へ
  • 旅公演『黒い雨』7・8月新宿、池袋、北海道、浜松へ
  • 旅公演『光の国から僕らのために』9・10月横浜、近畿、沖縄へ
  • 稽古場公演、岸田國士一幕劇3作品を上演
  • 「ウィーンの会50周年」家族みたいにして、半世紀 廣田伊志子

2018年6月8日 発送

2018年5月号(701号)

2018年5月号(701号)

  • 6月公演『ペーパームーン』漂流郵便局を訪ねて 案内人・稲垣隆史
  • 6月公演『ペーパームーン』信じれば本当のことに 樫山文枝
  • 劇団創立68周年を祝う 『集金旅行』公演班に劇団賞
  • 奈良岡朋子『黒い雨』 今夏、新宿・池袋・置戸町・浜松市で上演
  • 旅公演 『大正の肖像画』中部北陸へ「明るい色彩のなかに生きて」みやざこ夏穂
  • 旅公演 『SOETSU』GWは新百合ケ丘の芸術祭で上演
  • 稽古場公演 今夏は岸田國士戯曲3本立て『頼母しき求縁』『葉桜』『紙風船』
  • 旅公演 『アンネの日記』神奈川県で幕、通算1730ステージ

2018年4月27日 発送

2018年3・4月号(700号)

2018年3・4月号(700号)

  • 6月公演『ペーパームーン』 作者からの手紙:前略 樫山文枝様、西川明様 「これは余計なお世話かな」佐藤五月
  • 2・3月公演『神と人とのあいだ』好評裡に幕 「木下作品の問いかけ」米田哲夫(神戸演劇鑑賞会)
  • 5月『SOETSU』GWは新百合ケ丘へ アルテリッカしんゆりにて上演
  • 4月『アンネの日記』神奈川県下を巡演
  • 5月2日「京王線散歩の会」参加者募集中 春の新宿御苑で、庭園散歩
  • 楽しかったおはなし会(第5回) 3月21日

2018年3月30日 発送

2018年2月号(699号)

2018年2月号(699号)

  • 2-3月公演『神と人とのあいだ』第1部「審判」・第2部「夏・南方のローマンス」 稽古場速報! 出演者29人の証言「29人からなる出演者揃い踏みのひと言」
  • 黒川・しんゆりだより:『SOETSU』アルテリッカしんゆりで上演5月6日/劇団民藝のおはなし会3月21日/民藝絵画部3月25日

2018年2月16日 発送

2018年1月号(698号)—

2018年1月号(698号)—

  • 年頭のご挨拶 奈良岡朋子「前向きな気持ちを失わずに」
  • 『神と人とのあいだ』出演の7人(桜井明美、中地美佐子、みやざこ夏穂、齊藤尊史、吉岡扶敏、神敏将、塩田泰久)「スタートダッシュ!稽古前の胸の内は… 正月休み返上で『台本と首っ引き』」
  • 初春に気分も一新、2018年への抱負 樫山文枝「芸術的な実りを」、日色ともゑ「出会いに恵まれ」、西川明「お医者の顔は…」
  • 『「仕事クラブ」の女優たち』閉幕「苦しい時代を生きた女性たちの姿に感動」
  • 2018年の上演作品に期待するもの 山本繁樹(仲間の会会員)
  • 「秤屋和久さんとの思い出」勝野英雄

2018年1月1日 発送

2017年12月号(697号)

2017年12月号(697号)

  • 2018年上演作品レパートリー
  • 12月公演『「仕事クラブ」の女優たち』稽古場より・「明日はどうぞ劇場へ!」女優たちの奮闘、いよいよ開幕

2017年11月24日 発送

2017年10・11月号(696号)

2017年10・11月号(696号)

  • 12月公演『「仕事クラブ」の女優たち』作者・長田育恵さん談話「混迷を深めた時代を舞台に“いまを紡ぐ物語”
  • 奈良岡朋子「新しい演劇をめざす女優たちへ」
  • 女優を演じる4人の女優たち、抱負を語る 吉田陽子、桜井明美、中地美佐子、藤巻るも
  • 『33の変奏曲』終了「母娘の確執が昇華され感動」
  • 『SOETSU』旅日記 神敏将「東北は僕のパワー源」
  • 『集金旅行』この冬、神奈川、西日本へ
  • 民藝ブックレビュー 「仕事クラブ」の女優たち(青木笙子著)、キジムナーkids(上原正三著)
  • 仲間たちのいる風景 小松雅子さん「北林さんの思い出」

2017年10月27日 発送

2017年9月号(695号)

2017年9月号(695号)

  • 9・10月公演『33の変奏曲』開幕迫る!稽古場より みやざこ夏穂(シントラー役)のレポート「7人が奏でる豊かなハーモニー」
  • 『33の変奏曲』ピアニスト紹介 鈴木ゆみさん、猪野麻梨子さん
  • 12月公演『「仕事クラブ」の女優たち』出演者発表
  • 『「仕事クラブ」の女優たち』作者、長田育恵さん講演会のお誘い
  • 9月〜10月の旅公演『SOETSU』
  • 8月の稽古場公演『負傷者16人』好評裡に幕
  • ときにはふたりで 西川明さんと西川明(仲間と劇団員で同姓同名対談)
  • 第4回「おはなし会」、絵画部、喫茶店の集いのお知らせ

2017年9月19日 発送

2017年8月号(694号)

2017年8月号(694号)

  • 9・10月公演『33の変奏曲』樫山文枝インタビュー 「『とてもユニークな戯曲』心ときめかせて」聞き手・日高哲英さん
  • 【特集・旅公演】『黒い雨』小江戸川越で充実の旅初日/『SOETSU』京都より、後藤京子さんとふたつの民藝のものがたり/『蝋燭の灯、太陽の光』「弱き者たちが手を繋ぎ幸福を掴みとる尊さ」大井則生さん/『集金旅行』「九州を巡って分かったこの奥深い世界」塩田泰久
  • 6月公演『熊楠の家』終了「人間・熊楠の魅力を堪能」
  • 稽古場公演『負傷者16人』開幕!
  • 大好評のおはなし会(7月23日・24日、第3回)

2017年8月4日 発送

2017年6・7月号(693号)

2017年6・7月号(693号)

  • 6月公演『熊楠の家』熊楠役・千葉茂則インタビュー「型やぶりな人間の魅力が充満」、中地美佐子、八木橋里紗、大中耀洋の談話
  • 9月公演『33の変奏曲』出演者発表
  • 4月公演『送り火』終了
  • 『黒い雨』7・8月の旅公演スケジュール
  • 5月〜9月の旅公演『集金旅行』『蝋燭の灯、太陽の光』『SOETSU』
  • 追悼・肉倉正男さん 兒玉庸策
  • 8月の稽古場公演『負傷者16人』公演詳細
  • 新劇交流プロジェクト『その人を知らず』まもなく開幕
  • 第3回「おはなし会」、絵画部、喫茶店の集いのお知らせ

2017年6月2日 発送

2017年4・5月号(692号)

2017年4・5月号(692号)

  • 『送り火』日色ともゑインタビュー「希望が持てる芝居に」、稽古場レポート「物語りの謎を巡って」(朝田富次さん)
  • 『熊楠の家』出演者たちの和歌山訪問記「知の巨人のこころに触れて」
  • 『アンネの日記』地元川崎公演
  • 『集金旅行』5・6月の旅公演スケジュール
  • 劇団創立67周年記念集会と劇団各賞の受賞者発表
  • 「散歩の会」参加者募集(『熊楠の家』出演者と行く「小石川植物園」)

2017年4月7日 発送

2017年3月号(691号)

2017年3月号(691号)

  • 『送り火』稽古場訪問 作者・ナガイヒデミさんが来団
  • 『熊楠の家』配役発表
  • 2月公演『野の花ものがたり』公演終了
  • 稽古場公演『をさの音』公演終了
  • 『アンネの日記』地元川崎公演詳細
  • 2017年劇団民藝上演作品

2017年3月10日 発送

2017年2月号(690号)

2017年2月号(690号)

  • 『野の花ものがたり』稽古場訪問「時代の先を見据えた大切な場所」高橋敦子さん(たま・あさお市民劇場)
  • 『野の花ものがたり』「みんな愛おしく見えたとき…」二口真規子さん
  • 『SOETSU』旅だより「松本でロマンあふれる美の世界」天津民生
  • 『送り火』出演者発表
  • 「慕われ信頼を寄せられた伊東理昭さん」細川ひさよ
  • 2017年劇団民藝上演作品
  • 稽古場公演『をさの音』公演詳細
  • 『アンネの日記』GWに地元川崎で
  • 「劇団民藝おはなし会」今年も3月に
  • 2017年劇団民藝新人募集

2017年1月27日 発送

2017年1月号(689号)

2017年1月号(689号)

  • 年頭のご挨拶 奈良岡朋子「演劇に夢と希望を託して」
  • 『野の花ものがたり』野の花診療所訪問記・かいせつ
  • 2017年上演作品の出演者たちからご挨拶 日色ともゑ・千葉茂則・樫山文枝・中地美佐子
  • 『SOETSU』好評の東京公演を終え全国各地の旅へ
  • 「高橋清祐さんをおくる」樫山文枝
  • 稽古場公演『をさの音』公演情報
  • 2017年「民藝の仲間」新入会・ご継続、会員募集中!
  • 2017年劇団民藝新人募集

2017年1月1日 発送

2016年12月号(688号)

2016年12月号(688号)

  • 2017年上演作品発表!5作品のかいせつ物語
  • 『野の花ものがたり』原作者・徳永進さんよりメッセージ「生きることへの案内」、出演者発表
  • 2017年「民藝の仲間」新入会・ご継続、会員募集中!
  • ときには2人で 武井真知子さん 白石珠江

2016年11月25日 発送

2016年11月号(687号)

2016年11月号(687号)

  • 『SOETSU』開幕直前!意気込みを語る:篠田三郎・日色ともゑ・中地美佐子・齊藤尊史
  • 『バウンティフルへの旅』九州巡演中:いただいたご感想から

2016年11月25日 発送

2016年10月号(686号)

2016年10月号(686号)

  • 『SOETSU』稽古を前に抱負を語る!:篠田三郎×日色ともゑ
  • 『SOETSU』長田戯曲の魅力:「『時代の断層』への深い関心」高橋豊
  • 『SOETSU』「朝鮮白磁、百年をめぐって」杉山享司
  • 『箆棒』公演終わる:劇評紹介
  • 奈良岡朋子、特別講演会のお知らせ
  • 「喫茶店の集い」新たに2会場がスタート!

2016年10月28日 発送

2016年9月号(685号)

2016年9月号(685号)

  • 『篦棒』まもなく開幕!稽古場最前線
  • 『SOETSU』配役決定
  • 奈良岡朋子、今秋と来年夏へ充実の2作品
    『バウンティフルへの旅』九州へ/『黒い雨』再演決定!
  • 『集金旅行』旅公演が千穐楽
    感想・渡辺恵さん「愛すべき二人のキャラクター」
  • 稽古場公演『坂道と夏の日』公演終了
  • 喫茶店の集い 新たにオープン!「プルチーノの会」発足/リニューアル「神保町の会」

2016年9月16日 発送

2016年7・8月号(684号)

2016年7・8月号(684号)

  • 『篦棒』中津留章仁さん・樫山文枝より抱負/配役決定!
  • 『坂道と夏の日』作者・塚原政司さんご寄稿/チラシデザイナー 和光大学表現学部・大島陸さん
  • 『集金旅行』旅だより 有安多佳子より
  • 『炭鉱の絵描きたち』公演終了
  • ときには3人で 菊地裕子さん ご主人の雅彦さん 齊藤尊史 ほか

2016年7月22日 発送

2016年6月号(683号)

2016年6月号(683号)

  • 『炭鉱の絵描きたち』ライアン先生の稽古場だより(神敏将)
  • 中津留章仁書き下ろしの現代劇、出演者・タイトル決まる!タイトルは『篦棒べらぼう
  • 劇団創立66周年を祝って
  • 『二人だけの芝居』を観て エンターテインメント批評家・阪清和さんご寄稿
  • 『集金旅行』旅だより 今野鶏三より
  • 『坂道と夏の日』6月6日より受付開始 ほか

2016年6月3日 発送

2016年4・5月号(682号)

  • 『二人だけの芝居』立教大学教授 アメリカ文学研究者・舌津智之さんご寄稿「深い闇、そしてきらめき」
  • 『二人だけの芝居』テネシー・ウィリアムズと民藝をめぐって
  • 『炭鉱の絵描きたち』出演者発表/演出家より 兒玉庸策
  • 『真夜中の太陽』新宿公演終了
  • 『集金旅行』全国へ 各地の仲間・アルテリッカしんゆりご案内
  • 追悼 角谷栄次さん 「『言葉』アイヒマン役を好演」佐々木梅治
  • 「京王線散歩の会」ご参加お申し込み受付開始
  • 2016年「民藝の仲間」新入会・ご継続、会員募集中! ほか

2016年4月1日 発送

2016年3月号(681号)

  • 『二人だけの芝居』奈良岡朋子、岡本健一さんよりコメント
  • 『二人だけの芝居』演出席から 丹野郁弓
  • 奈良岡朋子 第23回読売演劇大賞芸術栄誉賞を受賞
  • 『真夜中の太陽』日色ともゑ「生きていてよかった。今日やっとそう思えるように…」の声が
  • 『光の国から僕らのために』公演終了
  • ポスターのある風景 -吉祥寺・名曲喫茶バロック-
  • 沖縄タイムス記者・磯野直氏が語った沖縄の現在・過去・そして未来
  • 2016年「民藝の仲間」新入会・ご継続、会員募集中! ほか

2016年2月26日 発送

2016年2月号(680号)

2016年2月号(680号)

  • 『光の国から僕らのために』トークセッション
    千葉茂則 みやざこ夏穂 齊藤尊史 桜井明美
    「沖縄の碧い海、願いは未来へ」
  • 『二人だけの芝居』演出家・小川絵梨子さんからのメッセージ
  • 『真夜中の太陽』旅便り・平松敬綱
  • 仲間たちのいる風景 山田輝子さん「高校時代の金城さんの思い出」
  • 2016年「民藝の仲間」新入会・ご継続、会員募集中!

2016年1月29日 発送

2016年1月号(679号)

2016年1月号(679号)

  • 年頭のご挨拶 奈良岡朋子
  • 『光の国から僕らのために』
    沖縄タイムス記者・前栄まえざと里泰球たいきゅうさんご寄稿
    「愛し憂えた金城さんの沖縄」
  • 『二人だけの芝居』ご案内
  • 『真夜中の太陽』感想・宍戸富子さん「戦後70年を生きて」
  • 『根岸庵律女』公演終了
  • 2016年「民藝の仲間」新入会・ご継続、会員募集中!

2016年1月8日 発送

2015年12月号(678号)

2015年12月号(678号)

  • 2016年上演作品発表
  • 『光の国から僕らのために』出演者発表
  • 『真夜中の太陽』新宿公演、日程が決まる!
  • 2016年「民藝の仲間」新入会・ご継続、会員募集中!
  • 仲間からの手紙 田中圭さん「勉強とアルバイトと観劇と」

2015年11月20日 発送

2015年11月号(677号)

2015年11月号(677号)

  • 『根岸庵律女』放送評論家・藤久ミネさんご寄稿「子規像の根底に貫かれたもの」
  • 『根岸庵律女』稽古場の風 小幡戯曲の機微と独創性
  • 『大正の肖像画』公演終了

2015年11月20日 発送

2015年10月号(676号)

2015年10月号(676号)

  • 『大正の肖像画』4人で語れば
    塩屋洋子 白石珠江 河野しずか 印南唯
    ―大正の新しい女たち、それぞれちがう愛し方―
  • 中村彝アトリエ記念館レポート 仲間の会の皆さんと感動体験
  • 『根岸庵律女』「子規庵」を訪ねて
  • 『真夜中の太陽』11月より旅公演スタート
  • 榧野明さんに「日本新劇製作者協会」賞
  • 劇団ホームページがリニューアル

2015年10月9日 発送

2015年9月号(675号)

2015年9月号(675号)

  • 『大正の肖像画』吉永仁郎さんにみやざこ夏穂が聞く
  • 『根岸庵律女』配役発表
  • ひとり語り二題 奈良岡朋子『黒い雨』・樫山文枝『夜の辛夷』 公演終了
  • 稽古場公演『卵の中の白雪姫』『銀河鉄道の恋人たち』公演終了
  • 追悼 榧野明さん 「三平ちゃん、さようなら」日色ともゑ
  • 夏の集い 終了

2015年9月4日 発送

2015年7・8月号(674号)

2015年7・8月号(674号)

  • ひとり語り二題 奈良岡朋子『黒い雨』・樫山文枝『夜の辛夷』 早稲田大学名誉教授・東郷克美「庶民を描いた作家のこころ」
  • 稽古場公演『卵の中の白雪姫』『銀河鉄道の恋人たち』
  • 前田照夫『白い夜の宴』で文部科学大臣賞・大賞受賞
  • 『クリームの夜』公演終了
  • 『大正の肖像画』配役発表
  • 『海霧』旅公演終了

2015年7月14日 発送

2015年6月号(673号)

2015年6月号(673号)

  • 『クリームの夜』稽古場より 飯野遠「感情のカケラをまたひとつ」
  • 珠玉の文芸作品を一人舞台で 奈良岡朋子『黒い雨』・樫山文枝『夜の辛夷』
  • 稽古場公演『卵の中の白雪姫』『銀河鉄道の恋人たち』
  • 『冬の時代』公演終了/『海霧』旅公演
  • 劇団創立65周年周年

2015年6月9日 発送

2015年4・5月号(672号)

2015年4・5月号(672号)

  • 稽古場訪問 演劇ジャーナリスト・朝田富次さん「節を曲げずに生きた人々『冬の時代』の伝言」
  • 『クリームの夜』演劇談義 青木さんと山下さんが都内で…
  • 速報!東京公演決定 奈良岡朋子ひとり語り『黒い雨』
  • 黒川の夏 2作品連続で上演『卵の中の白雪姫』『銀河鉄道の恋人たち』
  • 『海霧』旅便り・神敏将
  • 仲間たちのいる風景 勅使河原嘉江さん

2015年4月9日 発送

2015年3月号(671号)

2015年3月号(671号)

  • 『冬の時代』文芸評論家・高橋敏夫さんご寄稿「『冬の時代』の独特な明るさをめぐって」
  • 日色ともゑ『蝋燭の灯、太陽の光』で読売演劇大賞優秀女優賞受賞
  • 『クリームの夜』配役発表
  • 『ヒトジチ』公演終了
  • 『海霧』旅公演へ
  • 追悼 内山鶉さん 「中国への強いおもい」箕浦康子
  • 仲間たちのいる風景 藤井美津江さん

2015年3月5日 発送

2015年2月号(670号)

2015年2月号(670号)

  • 『ヒトジチ』稽古場より・アイルランド演劇児嶋一男さんに藤巻るもが聞く
  • 『冬の時代』配役発表
  • 仲間たちのいる風景 犀川弘道さん・励子さん・崇史くんご家族/前沢光子さん・大久保利彦さん
  • 2015年「民藝の仲間」会員募集中

2015年1月29日 発送

2015年1月号(669号)

2015年1月号(669号)

  • 年頭のご挨拶 奈良岡朋子
  • 『ヒトジチ』ご案内・稲垣隆史
  • 『海霧』旅便り・大越弥生
  • 『バウンティフルへの旅』公演終了
  • 仲間のページ 南竹史織さん・坂本紀子さん・川田豊美さん/マリ子さんご夫妻
  • 2015年「民藝の仲間」会員募集中

2015年1月8日 発送

2014年12月号(668号)

2014年12月号(668号)

  • 『バウンティフルへの旅』稽古場より・武藤兼治
  • 『ヒトジチ』配役発表
  • 『海霧』旅便り・齊藤尊史
  • 仲間のページ みやざこ夏穂対談鈴木祥介さん(会員)「ときにはふたりで」
  • 2015年「民藝の仲間」会員募集中

2014年11月28日 発送

2014年11月号(667号)

2014年11月号(667号)

  • 2015年上演作品発表
  • 『ヒトジチ』出演者発表
  • 『海霧』旅便り・吉田陽子
  • 『コラボレーション』公演終了
  • 追悼 山吉克昌さん「さらば、山吉君」水谷貞雄
  • 2015年「民藝の仲間」会員募集開始

2014年10月28日 発送

2014年10月号(666号)

2014年10月号(666号)

  • 『バウンティフルへの旅』「味わい深い人生のドラマ」小藤田千栄子氏
  • 『八月の鯨』観劇記・津川美津子氏

2014年10月28日 発送

more