劇団民藝

文字サイズ

2020年上演作品

ワーニャ、ソーニャ、マーシャ、と、スパイク

作=クリストファー・デュラング
訳・演出=丹野郁弓

2020年9月24日(木)~10月4日(日)
紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA

文化庁 文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会

beyond2020プログラム

クリストファー・デュラングは、アメリカの戯曲賞・オビー賞の常連で、荒唐無稽な喜劇を得意とし、その作風はしばしば不条理劇ともされています。「不幸せな人々をめぐる喜劇」と評されたこの芝居は、トニー賞をはじめ数々の演劇賞を総なめにしました。中高年世代の生きづらさが醸し出す哀感を描いて、「近年これほどまでに面白い喜劇がブロードウェイにあっただろうか」と観客をうならせた傑作です。どうぞご期待ください。

  • ワーニャ、ソーニャ、マーシャ、と、スパイク
  • ワーニャ、ソーニャ、マーシャ、と、スパイク
  • ワーニャ、ソーニャ、マーシャ、と、スパイク
  • ワーニャ、ソーニャ、マーシャ、と、スパイク
  • ワーニャ、ソーニャ、マーシャ、と、スパイク

あらすじ

アメリカ、ペンシルベニア州にある古びた邸宅。今は亡きこの家の主人は熱烈なチェーホフファンで、子供たち3人にチェーホフ劇の登場人物の名前をつけた。初老にさしかかった息子のワーニャと養女のソーニャはこの屋敷を守りながら退屈な毎日を送っている。ある日、映画スターの妹マーシャが、この近所で開催される仮装パーティに招待され戻ってきた。5回の結婚に失敗、いまは若い恋人スパイクを連れているマーシャ。一方のワーニャとソーニャは、両親の介護と看取りに明け暮れてきたために無職、生活費はマーシャの仕送りに頼ってきた。しかし、マーシャは3人が育ったこの家を売ると宣言するのだった……。

ページTOPへ

キャスト

ワーニャ千葉茂則
ソーニャ白石珠江
カッサンドラ戸谷 友
マーシャ樫山文枝
スパイク岩谷優志
ニーナ神保有輝美

スタッフ

装置松岡 泉
照明前田照夫
衣裳宮本宣子
効果岩田直行
舞台監督中島裕一郎

スケジュール

2020年9月24日(木)~10月4日(日) 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA(新宿南口)

9月 24
25
26
27
28
29
30
10月 1
2
3
4
13:30   13:30  
18:30             18:30      
  • 上演時間 2時間40分(休憩15分含む)
  • 開場は開演の30分前、チケット受付は1時間前からです。

紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA(新宿南口)のアクセスマップ

  • JR新宿駅「新南口」より徒歩5分・「南口」より徒歩8分/JR代々木駅「東口」より徒歩5分
  • 地下鉄副都心線 新宿三丁目駅「E8出口」より徒歩5分

ページTOPへ

上演記録

上演地会場上演期日上演回数お問合せ
新宿紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA2020年9月24日~10月4日11回劇団民藝 044-987-7711

計11回