劇団民藝

文字サイズ

2019年上演作品

泰山木の木の下で

作=小山祐士 演出=丹野郁弓

2019年12月6日(金)~18日(水)
三越劇場

文化庁 文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会

beyond2020プログラム

 瀬戸内海の美しい叙情と、時代の波に抗いながら必死に生きる人びとの哀歓をうたいあげる小山祐士作品。1963年初演いらい宇野重吉演出・北林谷栄主演により、ロングラン上演を重ねてきました。このたびは丹野郁弓演出で、あらたに日色ともゑがハナ婆さんを継いでいきます。

  • 泰山木の木の下で
  • 泰山木の木の下で
  • 泰山木の木の下で
  • 泰山木の木の下で
  • 泰山木の木の下で

あらすじ

 小さな汽船が行き来する瀬戸内海の小さな島。白い大きな花をつける泰山木。その木の下で質素に暮らすハナ婆さんは、貧しいながらも9人の子どもを産み、戦争中に優良多子家庭として表彰されました。しかし3人の子は戦死、のこる6人の子までも、広島の原爆で亡くしていました。思えば、殺されるために産んだようなものだ――。悲しい体験をもつハナは戦後、人助けのつもりで、頼まれると密かに子どもをおろしてやっていたのです。
 早春のある日、ひとりの男が泰山木のその家を訪れます。堕胎の罪でハナ婆さんを逮捕しにやって来た木下刑事です。御幸署へ連行する船中でハナ婆さんの話を聞く木下刑事も、また誰にも言えない苦悩を抱えていたのでした……。

ページTOPへ

キャスト

木下刑事塩田泰久
神部ハナ日色ともゑ
須崎刑事吉田正朗
小使松田史朗
マリという女八木橋里紗
出前持ちの青年大中耀洋
髪を垂らした女桜井明美
磯部の奥さん神保有輝美
田舎ふうの紳士横島 亘
若い船員平野 尚
漁師の女房船坂博子
医者天津民生
看護婦佐々木郁美
歌を唄う男千葉茂則
ギターを弾く男淡谷幹彦(客演)

スタッフ

装置石井みつる
照明前田照夫
衣裳緒方規矩子
音楽斎藤一郎
編曲淡谷幹彦
効果岩田直行
舞台監督風間拓洋

スケジュール

2019年12月6日(金)~18日(水) 三越劇場[日本橋三越本店 本館6階]

12月 6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
13:30  
18:30                      
  • 上演時間は約2時間35分(途中休憩20分含む)。
  • 開場は開演の30分前、劇団民藝受付は1時間前からです。
  • ☆15日(日)出演者との交流会を開催します。
  • ★8日(日)、16日(月)終演後、バックステージツアーを開催します。
  • 交流会、バックステージツアーどちらも参加無料、予約不要です。他日ご観劇の方でイベントにご参加の方は、お持ちのチケット(もしくは半券)をご持参のうえ終演時間に劇場ロビーへお越しください。
  • 土日に限り無料託児所をご用意しております。ご利用の際には事前に劇団までご連絡ください。

ページTOPへ2

上演記録

上演地会場上演期日上演回数お問合せ
新宿紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA2019年12月6日~18日14回劇団民藝 044-987-7711

計14回