劇団民藝

文字サイズ

2018年上演作品

時を接ぐ岸 富美子・石井妙子「満映とわたし」(文藝春秋刊)より

作=黒川陽子 演出=丹野郁弓

2018年9月26日(水)~10月7日(日)
紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA

文化庁文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)

後援:日本大学芸術学部映画学科/日本映画大学/日本映画・テレビ編集協会/日本中国文化交流協会

彼女はただ未来を信じた――。
日本の敗戦後も中国に残り、若き中国映画人の指導にあたった映画編集者・岸富美子さんのヒューマンストーリーをもとに、「創造」というひと筋の目的にむかって、国や民族の壁を超えて協力した人びとの姿を描く。民藝初となる黒川陽子の期待の新作。

  • 時を接ぐ
  • 時を接ぐ
  • 時を接ぐ
  • 時を接ぐ
  • 時を接ぐ

あらすじ

東洋一とうたわれた映画撮影所、満洲映画協会〝満映″。戦中、日本から大陸へとわたった多くの映画人たちは、1945年8月15日の敗戦を境に過酷な運命をしいられることとなる。「編集」という映画製作では、もっとも地味でかつ重要な仕事を担うひとりの女性技師。逆境のなかで、彼女は、技術者としての確かな腕と誇りで、自らの人生を切り拓いていくのだった……。

ページTOPへ

キャスト

スタッフ

装置勝野英雄
照明前田照夫
衣裳宮本宣子
効果岩田直行

スケジュール

2018年9月26日(水)~10月7日(日) 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA(新宿南口)

9月 26
27
28
29
30
10月 1
2
3
4
5
6
7
13:30     13:30  
18:30       18:30            
  • 開場は開演の30分前、チケット受付は1時間前からです。
  • ◎9月29日(土)終演後、アフター・トーク 宮澤誠一氏「映画編集の醍醐味について」
  • ☆10月2日(火)終演後、出演者との交流会
  • ★10月3日(水)終演後、バックステージツアー
  • アフター・トーク、交流会、バックステージツアーはいずれも参加無料、どなたでもご参加頂けます(予約不要)。
  • 土日に限り無料託児所をご用意しております。ご利用の際には事前に劇団までご連絡ください。

紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA(新宿南口)のアクセスマップ

  • JR新宿駅「新南口」より徒歩5分・「南口」より徒歩8分/JR代々木駅「東口」より徒歩5分
  • 地下鉄副都心線 新宿三丁目駅「E8出口」より徒歩5分

ページTOPへ

バリアフリー観劇について

  • バリアフリー割引がございます。
  • 土日のみ、無料託児所をご用意しております。
  • 車いす席・補助犬、点字ちらし、点字パンフレットのご用意がございます。
  • 視覚障害者対象・事前舞台説明会を9月30日(日)、10月3日(水)12:30~開催します。
  • 聴覚障害をお持ちの方を対象に台本事前貸出を行っております。劇団までお申し込みください。
  • 上記制度をご利用の際は、事前に劇団までご連絡ください。

上記制度をご利用の際は、事前に劇団までご連絡ください。
劇団民藝
TEL.044-987-7711
E-MAIL seisaku@gekidanmingei.co.jp

詳細は「バリアフリー観劇について」をご覧下さい。