劇団民藝

文字サイズ

2010年上演作品

洗い屋稼業

原題=The Dishwashers
作=モーリス・パニッチ 訳=吉原豊司
演出=高橋清祐

2010年8月11日(水)~25日(水)
劇団民藝稽古場

あらすじ

とある高級レストランの地下にある皿洗い場。きらびやかな上層階とは裏腹に、汚れっぱなしで陽も当たらぬ穴倉で、際限もなく送り込まれてくる汚れた皿を洗う三人の男達。
中間管理職気取りで「我々洗い屋は誇りを持ってレストラン経営の黒子役に徹しなければならない」と同僚を叱咤する万年皿洗い。寄る年波で他に職もなく、必死でこの仕事にしがみつこうとするが、あえなくリストラされてしまう喘息病みの老人。マネーゲームの世界で大儲けし、一時は上のレストランで羽振りをきかせていたものの、今は尾羽うち枯らして皿洗い見習いを志願する「新人」。
そんな男達が鬱々と繰り出す愚痴には寸鉄人を刺すものがあり、同時に外界の格差社会をくっきりと映し出している。

ページTOPへ

ドレスラー水谷貞雄
エメット小杉勇二
モス里居正美
バローズ梶野 稔

スタッフ

装置内田喜三男
照明尾藤俊治
効果岩田直行
衣裳金田正子