劇団民藝

文字サイズ

2010年上演作品

巨匠

作=木下順二 演出=内山 鶉

2010年1月22日(金)~2月9日(火)
俳優座劇場

ポーランドのテレビ・ドラマをもとに、<芸術家の運命>について書き下ろした木下順ニ、衝撃の現代劇。1991年に滝沢修主演で初演、97年からは大滝秀治が巨匠役を演じる。

あらすじ

ある人気俳優がシェイクスピアの『マクベス』を演じようとしています。もうすぐ幕があくという初日の楽屋。ある演技をめぐる演出家との議論に、俳優は20年前の出来事を語ります。1944年、ドイツ占領下でのワルシャワ蜂起も制圧され、小学校の教室に5人の男女がひそんでいた。そこへゲシュタポが現れ、ゆうべの鉄道爆破への報復に4人の知識人を銃殺するという。旅役者だという老優は、簿記係の身分証明書をもっていたため除外される。しかし老人は、自分が俳優であることを証明するためにマクベスのモノローグを朗誦するのだった……。

ページTOPへ

A水谷貞雄
俳優千葉茂則
老人大滝秀治
女教師塩屋洋子
前町長梅野泰靖
ピアニストみやざこ夏穂
医師内藤安彦
ゲシュタポ鈴木 智
通訳安田正利
兵士たち山本哲也
 〃 塩田泰久
避難民たち大場 泉
 〃 梶野 稔
 〃 児玉武彦
 〃 早川祐輔
 〃 本廣真吾
 〃 庄司まり
 〃 新澤 泉
 〃 大黒谷まい

スタッフ

美術勝野英雄
照明沢田祐二
衣裳緒方規矩子
効果岩田直行
舞台監督兒玉庸策