劇団民藝

文字サイズ

2020年上演作品

白い花

作=ナガイヒデミ 演出=兒玉庸策

2020年2月14日(金)~23日(日)
紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA

文化庁 文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会

beyond2020プログラム

東京オリンピックがあったあの頃、わたしたちは――
ふたり姉妹がいた。瀬戸内の小さな村に。
姉が妹に託した伝言、峠で待ってる男に届いたけど……。

ナガイヒデミ氏の民藝第2作。瀬戸内地方の山深い村を舞台に、ふたり姉妹の心のあやを鮮やかに描きます。時代は、高度経済成長にわきたつ昭和40年代はじめ、東洋の魔女大活躍も記憶に新しい、あの頃……。
【上演時間は2時間20分、途中休憩15分含む】

あらすじ

柚木百合は父・徹男と二人で暮らしている。38歳でまだ独身だが、かつて一緒に村を出ようと言ってくれた男がいた。しかし父のことを考えるとついて行けなかった。妹の彩に峠で待つその男へ、「自分は行けない」と伝言を頼んだのだが、妹は消えた、男も消えた。あれから10年、その妹が突然村に帰ってくる。今は妹の夫となった男・俊満も現れ、百合のこころは激しく揺れる……。

ページTOPへ

キャスト

柚木百合(徹男の長女)中地美佐子
柚木徹男(柚木家の当主)杉本孝次
奥山彩(徹男の次女)飯野 遠
柳田麦(徹男の義妹)別府康子
佐倉由宇(寺の住職、徹男の同級生)千葉茂則
奥山俊満(彩の夫)天津民生

スタッフ

装置勝野英雄
照明前田照夫
衣裳松本昌子
効果岩田直行
舞台監督風間拓洋

スケジュール

2020年2月14日(金)~23日(日) 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA(新宿南口)

2月 14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
13:30  
 
18:30              
  • 開場は開演の30分前、チケット受付は1時間前からです。
  • ◎15日(土)終演後、アフタートーク(ナガイヒデミ氏)を開催します。
  • ☆16日(日)終演後、出演者との交流会を開催します。
  • ★22日(土)終演後、バックステージツアーを開催します。
  • 交流会、バックステージツアーどちらも参加無料、予約不要です。他日ご観劇の方でイベントにご参加の方は、お持ちのチケット(もしくは半券)をご持参のうえ終演時間に劇場ロビーへお越しください。
  • 土日に限り無料託児所をご用意しております。ご利用の際には事前に劇団までご連絡ください。

紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA(新宿南口)のアクセスマップ

  • JR新宿駅「新南口」より徒歩5分・「南口」より徒歩8分/JR代々木駅「東口」より徒歩5分
  • 地下鉄副都心線 新宿三丁目駅「E8出口」より徒歩5分

ページTOPへ2

バリアフリー観劇について

  • バリアフリー割引がございます。
  • 土日のみ、無料託児所をご用意しております。
  • 車いす席・補助犬、点字ちらし、点字パンフレットのご用意がございます。
  • 視覚障害者対象・事前舞台説明会を2月15日、16日、22日12:30~開催します。
  • 聴覚障害をお持ちの方を対象に台本事前貸出を行っております。劇団までお申し込みください。

上記制度をご利用の際は、事前に劇団までご連絡ください。
劇団民藝
TEL.044-987-7711
E-MAIL seisaku@gekidanmingei.co.jp

詳細は「バリアフリー観劇について」をご覧下さい。

上演記録

上演地会場上演期日上演回数お問合せ
新宿紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA2020年2月14日~23日9回劇団民藝 044-987-7711

計9回