劇団民藝

文字サイズ

2017年上演作品

野の花ものがたり徳永進「野の花通信」より

作=ふたくち つよし 演出=中島裕一郎

2017年2月4日(土)~14日(火)
紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA

文化庁文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)

後援:鳥取県、鳥取市、新日本海新聞社、日本海テレビ 協力:鳥取演劇鑑賞会

最期の時を自由に個性的に送ってもらおうと建てられた「野の花診療所」。鳥取市内に実在するベッド数19床の小さな診療所と徳永進医師をモデルに描く、ふたくちつよし民藝第三作。「命」によりそう医師と看護師、最期の時を迎えた家族たちの心あたたまる舞台です。

あらすじ

鳥取の総合病院に内科医として勤務していた徳丸進は、そこを出て町なかに小さなホスピスをつくった。野の花が好きだったので、野の花診療所と名づけた。売り文句は“ 23 時間あらゆる患者さんに対応します!”。
地方勤務医時代、たくさんの患者の死に立ち会ったが、ほんとうに十分な対応や支えができたのかどうか。野の花診療所は、助けてほしいと訴える人びとをだれでも受け入れ、患者の望むことは何でもしてあげる、そんな場所にしたいと願った。
人の死は終着駅なのか、死は悪者なのか、あってはいけないものなのか……。患者とその家族に寄りそい試行錯誤をつづける徳丸医師。今日も診療所にはさまざまな病気とそれぞれの思いを抱いた新しい入所者がやってきます。

ページTOPへ

キャスト

徳丸 進(野の花診療所医師)杉本孝次
山崎祥子(看護師)大越弥生
倉田美咲(看護師)加塩まり亜
藤田さなえ(看護師)藤巻るも
真島時枝(ボランティア)白石珠江
富田孝市(看護助手)和田啓作
室田清三(患者)松田史朗
小嶋信子(その娘)桜井明美
谷崎澄子(その元妻)野田香保里
浦沢ユイ(患者)箕浦康子
浦沢長太郎(その夫)安田正利
南波翔平(患者)横島 亘
南波涼子(その妻)新澤 泉
松永史人(患者)みやざこ夏穂
松永靖代(その妹)飯野 遠

スタッフ

装置深川絵美
照明松島 勉
衣裳西原梨恵
効果吉原 敦
舞台監督藤澤 徹

スケジュール

2017年2月4日(土)~14日(火) 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA(新宿南口)

2月 4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
13:30      
15:00                    
18:30                  
  • 開場は開演の30分前、チケット受付は1時間前からです。
  • 上演時間につきましては決定次第お知らせいたします。
  • ◎4日(土)終演後、徳永進さん(野の花診療所医師)のお話があります。
  • ★5日(日)終演後、バックステージツアーを開催します。
  • ☆11日(土)終演後、出演者との交流会を開催します。
  • いずれも参加無料、どなたでもご参加頂けます。
  • 土日に限り無料託児所をご用意しております。ご利用の際には事前に劇団までご連絡ください。

紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA(新宿南口)のアクセスマップ

  • JR新宿駅「新南口」より徒歩5分・「南口」より徒歩8分/JR代々木駅「東口」より徒歩5分
  • 地下鉄副都心線 新宿三丁目駅「E8出口」より徒歩5分

ページTOPへ2

上演記録

上演地会場上演期日上演回数お問合せ
東京紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA2017年2月4日~14日11回劇団民藝

計11回