劇団民藝

文字サイズ

2006年上演作品

扉を開けて、ミスター・グリーン

原題=Visiting Mr. Green
作=ジェフ・バロン 訳=平川大作
演出=兒玉庸策

2006年7月21日(金)~25日(火)
劇団民藝稽古場

あらすじ

場所はニューヨークの古びたアパート。主のグリーン氏は、ユダヤ教の律法を厳格に守っている八十歳を過ぎた老人。だが、最愛の妻に先だたれてからは、世間から逃避し、部屋は荒れ放題、食事も満足にとっていないらしい。
大企業の管理職として有能な青年ロスは、軽い交通事故の罰として裁判所で民生委員の仕事を命じられグリーン老人のもとへ食料品を届けにやってくる。老人と、同じくユダヤ人である若手エリートのチグハグな関係が、毎週木曜日につづいてゆく。
彼らははじめお互いを否定するが、次第に認め合い、心を開いてゆく。
グリーン老人には、音信不通の子供がいるらしいし、青年ロスは世間に知られたくない大きな秘密があるらしい。そしてその秘密をロスは、グリーン老人に告白する…。

ページTOPへ

グリーン氏里居正美
ロス・ガーディナー小杉勇二

スタッフ

装置深川絵美
照明前田照夫
効果大貫ちひろ