劇団民藝

文字サイズ

2006年上演作品

喜劇の殿さん

作=小幡欣治 演出=丹野郁弓

2006年12月6日(水)~21日(木)
三越劇場

あらすじ

1936年に事実上の旗揚げ公演を成功させたロッパ一座。座長の古川ロッパは華族の出身で、いわゆるアチャラカ芝居ではない品位ある喜劇をめざしていて、ときには若い座付き作者の菊田一夫とぶつかることもありました。世は戦争の暗い時代。日中戦争がはじまって、戦局を反映させた軍事劇を成功させていたロッパ一座は、思いがけなく陸軍の目に留まります。中国人捕虜との合同公演の話がもちこまれたのです。表むきは相談ですが、軍の提案は命令とおなじ、本意でなくても逆らうことはできません。山西省太原の捕虜たちが送りこまれ、なんとか公演は終えたのですが、とたんに事件が……ロッパの戦後は大きく転回していくことになるのでした……。

ページTOPへ

古川ロッパ大滝秀治
古川道子津田京子
古川松江塩屋洋子
遠野まよ樫山文枝
田川徹伊東理昭
笹 弥生花村さやか
菊田一夫山梨光國
三浦 威
杉田司郎和田啓作
角倉 茂武藤兼治
大路三四郎山本哲也
矢島 元平松敬綱
月野弘子大越弥生
山路あけみ前田真里衣
白根鈴木 智
小山神 敏将
憲兵梶野 稔
魁 継周みやざこ夏穂
中沢吉岡扶敏
みやこ蝶々奈良岡朋子
悦子細川あゆみ
邦江小倉恵美子

スタッフ

装置勝野英雄
照明前田照夫
衣裳緒方規矩子
効果岩田直行
舞台監督武田弘一郎