劇団民藝

文字サイズ

2021年上演作品

夏・南方のローマンス

作=木下順二 演出=丹野郁弓 演出=丹野郁弓

7・8月 首都圏

どうしても取り返しのつかないことを、
どうしても取り返すためにーー
生涯をかけたテーマとして戦争責任の問題を追及した木下順二の『夏・南方のローマンス』は、1987年に宇野重吉演出で初演、2013、18年に丹野郁弓の演出により上演しその今日性がふたたび鮮烈に蘇りました。庶民の目線から戦犯裁判を見つめることで、日常的で人間的な人びとの愛や苦悩が壮大な構想の下に描かれています。

あらすじ

敗戦直後のとある公園。ある上等兵が南方の島で絞首刑を宣告された。愛人であった女漫才師は、ある日ついに彼の妻に会いに行く。折から通りかかった彼の戦友たち。なぜ彼は絞首刑を宣告され、なぜ戦友たちは助かったのだろう? やがて明らかにされていく南方でのBC級戦犯裁判。悪い夢だった、とつぶやく戦友、夢ですまされるか、とかみつく女漫才師、もう何もかも忘れたいという上等兵の妻。いったい誰が誰を裁いたのか? やり場のない憤りに身をもてあまし一人残された女漫才師の心に、上等兵はたしかに生きつづけているのだった……。

ページTOPへ

主な出演