劇団民藝

文字サイズ

2017年上演作品

33の変奏曲

原題=33 Variations
作=モイゼス・カウフマン 訳・演出=丹野郁弓

9・10月 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA

ベートーベンが遺した33作の変奏曲。その謎に現代の音楽理論学者が迫る

1819年のウィーン。凡庸なワルツ曲を元に、病に冒されたベートーベンは33もの変奏曲を作った。その謎を探ろうとする現代の音楽理論学者キャサリン。やがて、病に倒れる彼女の前にベートーベンが姿を現す……。ブロードウェイ絶賛のユーモラスで重厚な感動作。

主な出演