劇団民藝

文字サイズ

2016年上演作品

光の国から僕らのために―金城哲夫伝―

作=畑澤聖悟 演出=丹野郁弓

2016年2月10日(水)~21日(日)
紀伊國屋サザンシアター

文化庁文化芸術振興費補助金(トップレベルの舞台芸術創造事業)文化庁文化芸術振興費補助金(トップレベルの舞台芸術創造事業)

紀伊國屋書店提携
キャラクター協力・円谷プロダクション

『カミサマの恋』『満天の桜』につづく畑澤聖悟氏の民藝書き下ろし第3作。日本中の子供たちが“畏敬の念”を抱いた不滅のヒーロー〈ウルトラマン〉。その輝きを創った脚本家・金城哲夫の半生を描く。

  • 「光の国から僕らのために ―金城哲夫伝―」の舞台
  • 「光の国から僕らのために ―金城哲夫伝―」の舞台
  • 「光の国から僕らのために ―金城哲夫伝―」の舞台
  • 「光の国から僕らのために ―金城哲夫伝―」の舞台
  • 「光の国から僕らのために ―金城哲夫伝―」の舞台

あらすじ

軍政下の沖縄から東京の高校に進学した金城哲夫は、縁あって“特撮の神様”円谷英二率いる円谷プロダクションに入社する。時代はテレビ創成期、金城は20代の若さで「ウルトラQ」の脚本家に抜擢され、「ウルトラマン」「ウルトラセブン」などを世に送り出し、子供たちから絶大な支持を得ていく。
多忙ながら充実した日々を過ごすが、視聴率に振りまわされ、やがてウルトラマンシリーズは曲がり角にさしかかる。築き上げたシナリオライターとしての名声と地位をあっさり捨てて、金城は沖縄へ帰郷する。時は1969年、沖縄の本土復帰が3年後に迫っていた……

ページTOPへ

キャスト

金城哲夫
齊藤尊史
上原正三
みやざこ夏穂
円谷一
千葉茂則
満田かずほ
岡山 甫
金城裕子
桜井明美
ヘリのパイロット(航空自衛隊)
平野 尚
ディレクター
本廣真吾
少年雑誌の記者
大中耀洋
娘たち
いまむら小穂
 〃 
望月香奈
 〃 
大黒谷まい
 〃 
榊乃つぐみ
 〃 
竹本瞳子
本部町の漁民たち
岡山 甫
 〃 
細山誉也
 〃 
平野 尚
 〃 
大中耀洋
海洋博の主催者たち
本廣真吾
 〃 
大野裕生
青年(文学部の学生)
細山誉也
友好珍獣ピグモン(キャラクター協力・円谷プロダクション)

スタッフ

装置
島 次郎
照明
前田照夫
衣裳
宮本宣子
効果
岩田直行
舞台監督
中島裕一郎

上演記録

上演地会場上演期日上演回数お問合せ
東京紀伊國屋サザンシアター2016年2月10日~21日12回劇団民藝

計12回