三浦 威

三浦 威

みうら たけし
1938年4月2日生まれ
東京都出身

1957年に水品演劇研究所に入り、劇団民藝俳優教室、劇団青年芸術劇場(青芸)をへて68年民藝入団。初舞台は、同年に堀田清美作『島』学役に抜擢され、つづいて飯沢匡作『もう一人のヒト』香椎宮茂徳王(1970)、〈第2回都民芸術フェスティバル新劇合同公演〉島崎藤村作『破戒』丑松(71)、三好十郎作『胎内』佐山富夫(73)で実力派俳優として出演。主な舞台に庄野英二原作『星の牧場』イシザワ・モミイチ(79)、宇野重吉との共演・清水邦夫作『エレジー』吉村右太(83)、斎藤憐作『グレイ クリスマス』五篠紀孝(92~99)。木下順二作『オットーと呼ばれる日本人』オットー(2000)。『アンネの日記』デュッセル(2011)など。

最近の舞台としては、小幡欣治作『浅草物語』鈴木鐵太郎(04・07~08)、リリアン・グローグ作『白バラの祈り』アントン・マーラー(07・12)、坂手洋二作『帰還』山部重臣(11)。最後の舞台は、小幡欣治作『どろんどろん―裏版「四谷怪談」』長谷川勘兵衛役で今年5月から9月まで各地を巡演した。

  • 最新情報
  • 上演作品
  • 劇団員連名
  • 劇団員顔写真
  • 民藝の歴史
  • 民藝の仲間
  • 月刊紙定期購読
  • リンク集